ちょうちん製作例

各ちょうちんの製作例をご紹介いたします。

丸型堤燈

上下が短かく軒先に吊るす場合に好まれます。装飾や舞台などで小型のものを多数並べる例もあります。また、竹の棒に付けて足元明かりに使われるのも丸型提灯です。丸い形は和やかな印象をもたらします。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

丸型弓張堤燈

全国各地の祭礼で行事役員が手に提げて行列する姿を見かけます。竹の棒に提げるよりも格上とされます。家紋を入れた提灯は着物では紋付袴にあたり、当家の者がここにいる事を意味します。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

長型堤燈

神社仏閣の正面、祭礼行列の高張提灯、居酒屋の玄関など、目印や看板として最も多用される形です。肩を張った形が威厳ある印象をもたらします。関西では関東に比べて細身に作られています。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

長型弓張堤燈

時代劇の「御用提灯」でおなじみの型です。丸型弓張のように家紋を入れて使われる事もありますが、丸型よりは文字が大きく描けるので夜道にも文字が目立つという特徴があります。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

細長型堤燈

大きい「まとい型」は火消しの目印として使われました。細身の本体に文字が入るので、形状に比べて名前が大きく目立つ特徴があります。文字中心に見える提灯は結果として積極的な印象をもたらします。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

細長型弓張堤燈

お神輿や山車の装飾など祭礼に好んで使われます。細身なので動きが多く混雑した現場に向いています。また、動きの多い人々が用いる明かりや目印として鳶職などが玄関先に常備する例を良く見かけます。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

桶型堤燈

細長型は肩が丸いのに対し、桶型が肩が直角です。正面からの姿が長方形なので端正な印象を受けます。神社仏閣の堂内に飾る奉納提灯に良く使われます。場所を取らないので看板提灯にも好まれています。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

小田原型堤燈

昔から飲食店の軒先に提げられ通称「看板提灯」と呼ばれている提灯です。折りたたむと上下の桶に収まります。見た目の古風な印象が飲食店以外にも和風の各業種に用いられています。

大団扇

神輿の担ぎ手に風を送る実用性に加えて、神社や町会の名を施した大きい看板として祭礼行列に彩りを添えるものです。一般的には表面に「祭」「祭禮」「神輿」などの大文字と巴紋を、裏面に神社名や町会名を書き入れます。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

地口行燈

昔は祭礼や縁日などの参道に灯された行灯に掛け言葉(地口:じぐち)と絵を描いて洒落を楽しみました。伝承される数百種類の地口のうち現代でも判り易いものを選んで販売しております。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

提燈付属品

祭礼軒提灯の上に飾る「のき花」、高張提灯を掲げる「竹竿」、弓張提灯を収納する「桐箱」、ローソク代わりの「電池灯」などがあります。 これ以外にも色々な付属品がありまあすのでどうぞお尋ね下さい。

こちらからPDFカタログをご参照頂けます。

Get ADOBE PDF READER

PDF形式のファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社より無償で配布されているAdobe Reader が必要です。

提燈(ちょうちん)・祭礼用品の製造販売 有限会社 八嶋商店

〒271-0091千葉県松戸市本町6-3

定休日:毎週火曜日・年末年始

営業時間:午前10時〜午後6時

TEL:047-369-1470(通販部直通) FAX:047-369-2855